ここから本文です

お待たせ!藤原さくら「ラヴソング」出演振り返ったツアー第1弾で“保護者”を魅了

音楽ナタリー 7月6日(水)9時42分配信

藤原さくらがワンマンツアー「『good morning』~first verse~」の東京公演を7月1日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「first verse」と銘打たれたこのツアーは、藤原が2月発売のメジャー1stフルアルバム「good morning」を携え、地元・福岡と東京の2カ所で行ったもの。ステージの真ん中に置かれた真っ白のイスに腰をかけた藤原は、カントリー調の「Oh Boy!」を弾き始めるも「……間違えた」と演奏を止め、場内に笑いを起こす。仕切り直して無事に歌い遂げた彼女は「ちょっと冷や汗かいたね……」と笑いつつ、「今日は盛り上がっていきましょう!」とオーディエンスに呼びかけた。

「Walking on the clouds」「good morning」とバンドメンバーと共に息ぴったりの演奏を届けた藤原は、その後ムーディな「I wanna go out」でファンを魅了。彼女はワンマンツアーを回っている喜びを口にしたのち、「ドラマ(藤原が出演したフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」)が始まる前にチケットを販売したので、今日来てくれているのはずっと前から私のことを好きな方々ということですね。2月に『good morning』を発売して、お待たせしてしまいました。集まってくれてありがとうございます」とファンに感謝した。

藤原は「1995」「BABY」「これから」と「good morning」収録曲を緩急のある演奏で届けたあと、ドラマ「ラヴソング」に出演したことを改めて話題に上げ「私が保護者だと呼んでいる、ここにいる昔からのファンの方々は『演技とかできんの!?』って思ったでしょうね」と笑う。そして「まさか福山(雅治)さんの歌を歌うことになるとは。とてもいい歌で、レコーディング中に号泣しました」と振り返り、イスから立ち上がってドラマの劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」をときに優しく、ときに言葉に熱を込めて歌い上げた。

またドラマ主題歌「Soup」の演奏時には力強いドラミングに乗せ、メンバーそれぞれがハツラツとパフォーマンスを届ける。勢い付いたバンドは観客が手拍子を鳴らす中「Lucky boy」「『かわいい』」とアップチューンを連投。そのまま藤原による紹介からバンドメンバーそれぞれがソロプレイを繰り出してファンの歓声を浴びた。本編最後に披露する楽曲について藤原は「福岡の友達が元気がなかったときに書いた歌です。ここにもそういう人がいるかもしれないけど、『元気を出してほしいな』という思いを込めました」と述べ、最新アルバムのラストナンバーでもある「You and I」を会場を包み込むような歌声で届けた。

アンコールで藤原は1人でステージに上がり「ラヴソング」の劇中でも披露された忌野清志郎「500マイル」のカバーを弾き語りでしっとりと演奏。彼女はバンドメンバーを呼び込むと、カラフルな照明が彩る中「We are You are」をパフォーマンスしてライブを締めくくった。

なお藤原は「good morning」を携えたワンマンツアーの第2弾を9月から11月にかけて計14公演実施。9月~10月のライブのチケットは7月9日に各プレイガイドにて発売される。

藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~first verse~2016年7月1日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト
01. Oh Boy!02. Walking on the clouds03. good morning04. I wanna go out05. maybe maybe06. Cigarette butts07. Give me a break08. 愛の街09. 199510. BABY11. これから12. 好きよ 好きよ 好きよ13. Soup14. Lucky boy15. 「かわいい」16. You and I<アンコール>17. 500マイル18. We are You are

藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~second verse~
2016年9月10日(土)東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール2016年9月11日(日)東京都 恵比寿ザ・ガーデンホール2016年9月17日(土)宮城県 LIVE DOME STAR DUST2016年9月19日(月・祝)北海道 cube garden2016年9月23日(金)大阪府 Shangri-La2016年9月24日(土)新潟県 SHOW!CASE!!2016年10月1日(土)広島県 Live Juke2016年10月2日(日)愛知県 SPADE BOX2016年10月10日(月・祝)福岡県 電気ビルみらいホール2016年11月3日(木・祝)広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA2016年11月11日(金)愛知県 三井住友海上しらかわホール2016年11月12日(土)大阪府 森ノ宮ピロティホール2016年11月24日(木)東京都 EX THEATER ROPPONGI2016年11月27日(日)福岡県 福岡国際会議場メインホール

最終更新:7月6日(水)9時42分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。