ここから本文です

OKAMOTO’Sが70年代のロック・シーンを熱く語る!人気海外ドラマ「VINYL」上映会

cinemacafe.net 7月6日(水)20時0分配信

映画界の巨匠マーティン・スコセッシと、ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のミック・ジャガーが手を組み、70年代のニューヨーク音楽シーンを赤裸々に描いた音楽ファン垂涎のドラマ「VINYL -ヴァイナル- Sex,Drugs,Rock’n’Roll&NY」。スターチャンネルでの独占日本初放送を記念し、この度7月5日(火)、第1話「人格の危機」爆音上映イベントが渋谷VISIONにて開催された。

【画像】「VINYL」第1話上映会

実に構想に20年かけて製作された本作。主人公は、崖っぷち音楽レーベル「アメリカン・センチュリー・レコード」の社長リッチー(ボビー・カナヴェイル)。その確かな“耳”で一度は名声を手にしたものの、いまでは破産寸前で会社の売却を余儀なくされている。そんな彼がもう一度音楽の可能性を信じて、人生を賭けた再起に挑むところからこの物語は始まる。

キャストには、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」での演技を高く評価されたボビー・カナヴェイルほか、オリヴィア・ワイルド、新進女優ジュノー・テンプル、メグ・ライアンとデニス・クエイドの息子ジャック・クエイドら個性派キャストが白熱した芝居合戦を展開。また、リッチーが起死回生をかけて育てるパンクバンド「The Nasty Bits」のリードボーカルを、ミックの息子ジェームズ・ジャガーが演じ、父ミックの面影も相まってまさにハマリ役となり話題だ。

この日行われたイベントには、招待された約70名の人たちが集まっていた。70年代のアメリカ・ニューヨークの音楽産業を題材にしたドラマということもあり、第1話の上映会の前に、音楽評論家のピーター・バラカン、そして60~70年代の洋楽ロックをルーツに挙げるロックバンド「OKAMOTO’S」のオカモトショウとオカモトレイジがゲストとして登場。

ピーターさんは、ドラマに登場する衣装やセットの時代感、ドラマで描かれた1973年の音楽シーンについて語ると、「OKAMOTO’S」の2人もドラマを通じて感じた70年代の音楽が持つ魅力を語った。

「劇中に登場する落書きひとつとっても、70年代の当時は30秒で落書きを描かないと警察にすぐ捕まってしまったそうなので、このドラマではそれを再現すべく、スコセッシが“30秒で描ける落書き”をスタッフに命じた、というこだわりの演出がされている」というピーターさんならではの裏話が暴露されると、それを聞いた「OKAMOTO’S」の2人も「劇中に出てくる“ストゥージズは好きだけどイギー・ポップはイマイチ”というくだりは、きっと当時の若者のリアルな感情なんだろう」と当時を経験していない世代としての印象を語った。

その後も3人は本作の作品舞台である70年代のロック・シーンや、当時の裏話なども織り交ぜながらドラマの魅力について熱いトークが繰り広げられた。

「VINYL -ヴァイナル- Sex,Drugs,Rock’n’Roll&NY」はSTAR1プレミアム(字幕版)が7月11日(月)より毎週月曜23時~、STAR3セレクト(2か国語版)が7月13日(水)より毎週水曜23時30分~スターチャンネルにて放送。

「VINYL -ヴァイナル- Sex,Drugs,Rock’n’Roll&NY オリジナル・サウンドトラック[シーズン1]」は7月27日(水)にリリース予定。

最終更新:7月6日(水)20時0分

cinemacafe.net