ここから本文です

【プロキオンS】クラリティスカイ新境地へ

デイリースポーツ 7月6日(水)6時59分配信

 「プロキオンS・G3」(10日、中京)

 波乱の幕開けとなった先週の中京開催。オープニングのCBC賞を制したのは、ダートで力を蓄えた伏兵レッドファルクスだった。短距離ダートのスター候補がそろった今週も“二刀流”に注目だ。昨年のNHKマイルCの覇者クラリティスカイが、ダートで新境地を見いだす。父は“砂の怪物”と呼ばれたクロフネ。馬体や走法からも、初砂で変わる余地は十分にある。

 夏の太陽が燦々(さんさん)と降り注ぐ栗東トレセン。馬場開場が午前5時に早まったとはいえ、調教が始まれば人も馬も汗だくだ。全休日明けの5日、初ダートに挑むクラリティスカイは、午前7時にCW→坂路を1本。イキのいい4歳馬らしく、元気いっぱいに坂を駆け上がった。

 人も馬も移動が多い季節。函館帰りの安田助手が、鞍下の感触を伝えた。「いつものクラリティでしたよ。馬はすごく落ち着いていました。あまりカリカリし過ぎると良くないタイプですが、ほどほどに落ち着いているし、状態は良さそうです」。

 京王杯SC13着から中7週のローテ。この中間は、天皇賞・春に挑んだシュヴァルグランと再三に渡る併せ馬をこなした。「順調です。フォームがゆったりしているのがいいですね」と同助手。状態はいい。あとは結果を出すだけだ。

 昨年のNHKマイルCを制した後は、3戦して全て2桁着順。不振を脱するために、陣営は芝からダートへかじを切った。G1馬だけに今回の斤量58キロは仕方がないが、500キロ近くある馬体は筋骨隆々。仕上げ人は「クロフネっぽい感じの走りで、パワーがあります。調教では前脚でガッチリとチップをつかむようなフォーム。ダートで新味を見せてほしい」と期待を寄せる。

 父クロフネは01年NHKマイルCを制した後、秋にダートへ転向して武蔵野S→JCダートを圧勝。偉大な父の足跡をなぞり、ここから“二刀流”の道を切り開く。

最終更新:7月6日(水)8時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ