ここから本文です

室井滋、今夏は海水浴に挑戦を宣言「ドリーの気持ちになって青い水着で」

映画.com 7月6日(水)23時30分配信

 [映画.com ニュース] 女優の室井滋、「とんねるず」の木梨憲武らが7月6日、日本語吹き替え版の声優を務めたデイズニー/ピクサーアニメの最新作「ファインディング・ドリー」の七夕プレミアと題した都内でのイベントに出演した。

【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら

 2003年に興収110億円を記録した「ファインディング・ニモ」から13年、主役に“昇格”したナンポウハギのドリー役の室井は、「もうドキドキ、ソワソワ。100%、いや200%大満足していただける内容です。1人で悶々としているおじさまに見てほしい」と、なぜかピンポイントでアピール。カクレクマノミのニモの父マーリン役の木梨も、「すごいストーリーと映像で、長い間編集した海の世界は間違いなく見た方がいい」と太鼓判を押した。

 イベントでは、同作の海洋生物監修を務めたさかなクンも登場し、ナンポウハギがスズキ科の魚であることや、カクレクマノミがイソギンチャクと共生している生態を解説。室井は「カワハギ(フグ科)と同じじゃないんだ」、木梨も「さかなちゃん、こういうの全国でやってんの? ものすごく元気をいただいた」と感心しながら聞き入った。

 七夕を前に巨大短冊に願いを込めたが、室井は「映画が大ヒットして続々編でドリーがまたみなさんと会えますように」とし、「これ1本でやっていこうと思っているので、できるだけ続けて」とさならるシリーズ化を熱望。さらに、「できれば、海水浴がしたい」としたため、「水着が苦手な体形になってきたけれど、ドリーの気持ちになって青い水着を着ようかな」とひそかな野望を明かしていた。

 「ファインディング・ドリー」は、忘れん坊のドリーが唯一残っていた家族の記憶を頼りに、ニモと海の仲間たちが家族を探そうと奔走する大冒険を描く。7月16日から全国で公開される。

最終更新:7月6日(水)23時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。