ここから本文です

【アウディ A4アバント】エンジン、ラゲッジとも改良し、アバントらしさを向上

レスポンス 7月6日(水)12時30分配信

アウディ『A4アバント』に搭載されるエンジンは、『A4セダン』と同様、出力の違う2種類の2.0TSFIエンジンである。

[関連写真]

「これらのエンジンは、旧型と比べ大幅に燃費が改善された」とは、アウディジャパンマーケティング本部部長の石田英明氏の弁。FF用は190psで、先代より10psアップ。トルクは同一だが、燃費は18.4km/lと33%改善している。

一方クワトロは225psのエンジン出力だ。燃費は15.5km/lで先代比14%改善。出力は14psアップした。この点について石田氏は、「クワトロは、長くアウディを保有しているオーナーが多く、よりパワーを求め、あるいはよりクワトロを楽しみたいという思いが強いため、省燃費よりも高出力バージョンが選ばれた」と説明。

また、先代クワトロが1730kgであったのに対し、新型では1680kgと最大50kgの軽量化が図られた。石田氏は「トランスミッションやボディをはじめ、シャシー回りにおいても大幅な改善を行った結果だ」と述べ、「様々な先進技術等が搭載され、エンジン出力が増えているにも関わらず、軽量化を図ることで燃費に寄与している」とコメント。

今回ラゲッジルームも改良された。新型は505リットル、リアシートを倒すと1510リットルとなり、旧型の490リットル、1430リットルから拡大。更に「オートマチックテールゲートと合わせてトノカバーが自動的に上がるタイプが採用されたことが特徴だ」と石田氏

通常、テールゲートを開けたのちに、トノカバーを手動で操作するが、A4アバントの場合は、トノカバーがテールゲートを開けると同時にレールに沿って上がるので、「荷物の出し入れが非常にしやすくなっている。閉めるときも自動的に閉まるものだ」(石田氏)。

また、リアシートの分割が、4:6から4:2:4の3分割になった。「これまで長尺のものを入れると、どうしても一人、乗員を犠牲にしてしまっていたが、今回から真ん中だけを倒すことによって、4人乗車でも長尺物を入れることが可能だ」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:7月6日(水)12時30分

レスポンス