ここから本文です

超異例!金本阪神が敵地ナイターで居残り練習!梅野、中谷、高山、江越、北條の5人

デイリースポーツ 7月6日(水)7時0分配信

 「巨人3-2阪神」(5日、東京ドーム)

 打てなければ練習するだけだ。6安打2得点に抑えられた敗戦後、続々と阪神の選手らが宿舎に引き揚げる中、梅野、中谷、高山、江越、北條の5人がベンチ裏から出て来ないままだった。時間にして約30分。その間、敵地では「異例」となる、居残り練習が行われた。

 練習を見ていた片岡打撃コーチは「いつものこと。ボール球を打つことが多いので自分のタイミングで振る確認」と説明。通常、甲子園であればそのまま室内練習場などで行えるが、敵地ということもあり、そのままベンチ裏などで素振りなどに取り組ませた形だ。

 「試合に出た選手は試合の後すぐだったら、打ち取られたイメージを体が覚えているうちに」と片岡コーチ。うつむいている時間はない。課題が出ればすぐに修正を図り、次の試合で生かす。金本監督の現役時代、試合後にベンチ裏で振り込むことが多かったが、とにかく振り込むことで形を作っていく。場所がどこであれ、やるべきことに変わりはない。

最終更新:7月6日(水)7時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。