ここから本文です

初代プレステ・サターン風ポリゴンにこだわった「Back in 1995」が3DSに移植決定 今度のグラフィックはN64風に

ねとらぼ 7月6日(水)7時10分配信

 2016年4月にSteamで配信されたインディーゲーム「Back in 1995」が、ニンテンドー3DSに移植されます。あえてプレステ・サターン初期のような「レトロなポリゴングラフィック」にこだわった作品でしたが、今回の3DS移植版「Back in 1995 64」ではニンテンドー64をイメージしたグラフィックに。そうきたか……!

【カートリッジ式の例のゲーム機が映る下画面。一体なにが起こるんです?】

 レトロなポリゴングラフィックは相変わらずですが、よく見るとテクスチャのボケ具合が確かにN64風! そういえばこんなグラフィックだったなあ……。

 3DS版オリジナルのギミックも追加されていて、N64風の「仮想ゲーム機」を下画面に表示。そこでは「テレビケーブルの緩み」や「カードリッジの差し直し」など、当時を思い出す動作が再現されるとのこと。もしかして突然上のゲーム画面が消えたりする……?

 ゲームのプロトタイプ版は、7月9日~10日に開催されるインディーゲームの祭典「BitSummit 4」にて展示されます。公式サイトの発表では「Steamで遊んでいただいた方もまだの方も、どちらも楽しめる新機軸の体験を目指して鋭意開発中です」ということで、新要素などが楽しみな移植版となりそうです。

最終更新:7月6日(水)7時10分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]