ここから本文です

6月輸入車登録2万3435台 前年比3.5%減少=韓国

聯合ニュース 7月6日(水)12時4分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)は6日、6月の輸入車の新規登録台数が前年同月比3.5%減の2万3435台と集計されたと発表した。個別消費税引き下げの延長にもかかわらず販売台数が減少した。前月比では20.4%増加した。

 1~6月の累計は11万6749台で前年同期比2.6%減少した。輸入車の月間販売台数は昨年12月に過去最高の2万4366台を記録したが、今年に入り増減を繰り返している。

 6月の登録台数をメーカー・ブランド別にみると、BMWが4820台でトップを占めた。次いでメルセデス・ベンツ(4535台)、アウディ(2812台)、フォルクスワーゲン(VW、1834台)、レクサス(1276台)、トヨタ自動車(1165台)、 ランドローバー(1140台)、フォード・モーター(1077台)などの順だった。

最終更新:7月6日(水)13時18分

聯合ニュース