ここから本文です

映画初主演・駿河太郎 愛に溺れる夢二に「共感できない」

東スポWeb 7月6日(水)14時24分配信

 落語家・笑福亭鶴瓶(64)の長男で俳優の駿河太郎(38)と俳優・加藤雅也(53)、女優・小宮有紗(22)が6日、東京・板橋区のイオンシネマ板橋で映画「夢二~愛のとばしり」(30日公開)の舞台あいさつを行った。

 映画は多くの美人画を残す「大正ロマン」を代表する日本画家・竹久夢二を主人公にした恋愛物語。駿河にとっては初主演作品で、海外での映画賞「Japan Film Festival LA 2015」で「最優秀作品賞(グランプリ)」「最優秀主演男優賞」を受賞した。

 駿河は「まさか自分が初主演で賞をとれるとは思わなかったので、関わってくれた皆さんに感謝しています」とコメント。愛に溺れる夢二役について「女性だけに限らず、夢二の持っていた葛藤や苦悩は、変化を受け入れられない男だったんだろうな、と。共感は僕はできないです」と話し、笑いを誘った。

 主題曲「always love you」を担当したのはmayo(歌手・岡本真夜=42、ピアニスト名義)は「もともと映画を見た後に、雰囲気に合うようにアレンジさせていたたきました」と曲への思いを明かした。

最終更新:7月6日(水)15時34分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。