ここから本文です

新車乗用車販売ランキング、シエンタ躍進でトヨタがトップ3独占…2016年上半期

レスポンス 7月6日(水)15時15分配信

日本自動車販売協会連合会が7月6日発表した2016年上半期(1~6月)の乗用車車名別販売台数ランキングによると、トヨタ『プリウス』が前年同期比0.3%減ながら、14万2562台で、3年ぶりのトップとなった。

[関連写真]

2位は8万9409台(26.3%減)を販売した『アクア』。フルモデルチェンジで7倍増となる6万1054台を販売した『シエンタ』がトップ3の常連であるホンダ『フィット』を抑え3位にランクイン。トヨタがトップ3を独占した。そのほか『ヴォクシー』『カローラ』『ヴィッツ』がランクインしており、トヨタ車がトップ10中6台を占めた。

2016年上半期の新車乗用車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同期比)。

1位:プリウス(トヨタ)14万2562台(0.3%減)
2位:アクア(トヨタ)8万9409台(26.3%減)
3位:シエンタ(トヨタ)6万1054台(700.4%増)
4位:フィット(ホンダ)5万8672台(13.1%減)
5位:ノート(日産)5万1575台(5.3%減)
6位:ヴォクシー(トヨタ)4万4377台(1.1%減)
7位:カローラ(トヨタ)4万3274台(20.1%減)
8位:ヴェゼル(ホンダ)3万9183台(2.5%増)
9位:ヴィッツ(トヨタ)3万6771台(7.8%減)
10位:セレナ(日産)3万5216台(1.1%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月6日(水)15時15分

レスポンス