ここから本文です

水森かおり 声優初挑戦も「妖怪ばあさんって…」

東スポWeb 7月6日(水)15時44分配信

 演歌歌手・水森かおり(42)が6日、都内でテレビ東京系アニメ「ふるさと再生 日本の昔ばなし」(毎週日曜朝9時)のアフレコに挑戦した。

 4月から同番組のオープニングテーマ「ふるさとほっこり村」を歌っていることから実現したアフレコで、8月21日に放送の「嫉妬の箱」という話の中で、妖怪ばあさん役を演じた。

 レギュラー出演する柄本明(67)、松金よね子(66)と収録に臨んだ水森は「アフレコ話が来たときには、かわいいウサギさんの役かなって思ったら、妖怪ばあさんって…」。

 セリフは3つしかなかったが、初のアフレコだったため前日(5日)、番組で一緒だった声優で歌手の水樹奈々(36)の楽屋に行き、アドバイスを求めた。「リズム感があればできるよ、と言われた。柄本さんと松金さんのほのぼのとした世界観を崩さないように気をつけた」という。

 水森の出来に柄本、松金は「素晴らしかった」と絶賛。松金が「また妖怪役のときに来ていただけたら」と言うと、水森も「ぜひやりたい。妖怪を極めたいですね」と話した。

最終更新:7月6日(水)15時44分

東スポWeb