ここから本文です

友近「ゴーストバスターズ」米プレミアであの女優のものまね披露?

東スポWeb 7月6日(水)16時35分配信

 太め美女芸人・渡辺直美(28)らが6日、都内で映画「ゴーストバスターズ」の公開アフレコを行った。

 友近(42)、山崎静代(37)、椿鬼奴(44)を加えた4人はパロディーユニット「ゴーストバスターズ・ジャパン」を結成。テーマ曲をカバーしたミュージックビデオを製作して公開したところ、海外からのアクセスが殺到。ついには米「ローリングストーン」誌にも取り上げられたとか。

 米国留学経験がある渡辺は、夢のハリウッド進出について尋ねられると、意外にも「調子に乗ると怖いんで、これで解散したい」と消極的だ。

 また、人気声優・森川智之(49)から「声がとてもセクシー」と褒められた友近は「声がいいと人柄も想像できる。それでテレクラがはやったんですね」などと、話をあさっての方向に持っていき、会場を妙な雰囲気にさせた。

 渡辺と友近の2人は来週、米国で行われるワールドプレミアに招待されている。友近は「レッドカーペットで花魁道中をして、(海外メディアに)藤原紀香ですと対応したい」とコメント。大舞台で、日本を代表する大女優のものまね披露をにおわせた。

「ゴーストバスターズ」は8月11~14日に先行公開され、8月19日に全国公開となる。

最終更新:7月6日(水)16時35分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。