ここから本文です

夏の広島大会を盛り上げる2人のドラフト候補

デイリースポーツ 7月6日(水)11時30分配信

 第98回全国高校野球選手権広島大会が、7月9日からマツダスタジアムなどで行われる。今夏は94校92チームが参加。夢の甲子園出場を目指した熱い戦いが繰り広げられる。

 今年は、2人のプロ注目選手に話題が集まる。1人目は広島新庄・堀瑞輝投手(3年)だ。最速145キロの直球と鋭く曲がるスライダーが武器の本格派左腕。すでに広島をのぞくプロ11球団が視察に訪れている。同校は巨人の田口麗斗投手を輩出しており、左腕育成に定評がある。

 武器は何と言っても角度のある直球だ。冬場のトレーニングにより球速は5キロもアップした。昨年は2年生エースとして初めて甲子園に出場した。2回戦で1年生スラッガーとして話題を集めた清宮がいる早実と対戦。清宮に適時打を浴びるなど4回途中3失点でKOされた。堀は「自分の力のなさを感じた」と、自信は1試合で打ち砕かれた。

 「3年生に引っ張ってもらい出た甲子園。今度は自分が甲子園に連れて行く」。それまで控えめだった左腕は、先頭に立ちチームを引っ張った。練習では誰よりも走り込み下半身を鍛えスタミナをつけた。「ペース配分ができるようになった」。ただやみくもに三振を奪いにいくのではなく、状況に応じて打たせて取る投球も身に付けた。「一回りも二回りも成長した」と、迫田守昭監督が目を細めるまでたくましくなった。

 試合で投げるたびに多くのスカウトがスピードガンを向ける。それでも堀は「最後の夏。甲子園に出ることだけに集中したい」と言った。昨夏の悔しさを晴らすため、2年連続での甲子園出場を誓う。

 もう1人は如水館の持田大和内野手(3年)。迫田穆成監督が「如水館で23年間、監督をしているが、一番の選手」と最大級の評価をする左の好打者だ。

 魅力は打撃。広角に打ち分ける巧みなバットコントロールに加え、今年はパンチ力が備わった。昨秋から精力的に行ってきた体力トレの結果、ロングティーでは脅威の飛距離をたたき出した。100メートル先にある高さ25メートルの防球ネットを軽々と越え、コーチ陣をあぜんとさせた。それでも持田は「パワーがついた実感はある。でも大きいのを狙うのではなく、ヒットの延長線がホームランだと思っている。そういうバッティングをしていきたい」と謙虚だ。

 ポジション変更も打撃に好影響を与えている。昨秋までは中堅手だったが、今夏は中学以来となる遊撃手で出場する。外野手よりも守備機会が増えることで、打撃への影響が心配されるが「楽しいですよ。プレーに携わる機会が増えるので。足腰を使うので打撃にもいい影響が出ています」と笑った。

 優勝候補の筆頭は40年ぶりに春季中国大会を制した崇徳。そのほかには広島新庄、広陵が有力視されている。1枚の甲子園切符をかけた真夏の戦いに、注目したい。(デイリースポーツ・市尻達拡)

最終更新:7月6日(水)11時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]