ここから本文です

元コンパイル社長が立ち上げた「コンパイル〇」の新作3DSソフト「にょきにょき」、ゲーム画面やルールを公開

ねとらぼ 7月6日(水)11時35分配信

 「ぷよぷよ」などを制作したゲーム開発会社コンパイルの元社長仁井谷正充さんが立ち上げた「コンパイル〇」の新作3DSソフト、「にょきにょき」の詳細が発表されました。「ぷよぷよ」を進化させたようなゲームになっているようです。

【「ぷよぷよ」っぽい:“にょきにょき”を消す瞬間】

 同作の正式なタイトルは、「にょきにょき たびだち編」。2人で競う対戦格闘パズルゲームで、プレイヤーは“にょきにょき”を操作してできるだけ同色で横に並べていきます。同色で並んだ“にょきにょき”はX,Yボタンで発火させられ、その数に応じて“おじゃま”がたまり、L、Rボタンで相手のフィールドに“おじゃま”を降らせて妨害ができるというルール。

 「ぷよぷよ」と違い好きなときに“おじゃま”を使用できるため、パズルゲームであるにもかかわらず対戦格闘技ゲームのような「攻撃した感」が得られること。また、「にょきにょき」は2~5色まで自由に選べ、2色対5色のようなハンディキャップ戦もできます。

 同作は、プレイ初日に遊ぶ人がルールを理解し、自分の攻略を組み立て、観客が攻略を指示したりプレイしたくなるように作られているそう。複雑化していく昨今のゲーム業界ですが、シンプルさこそがウリのようです。

 「にょきにょき たびだち編」は800円で、2016年末発売予定。ダウンロード販売のみとなります。また、7月9日と10日に京都で開催される「BitSummit 4th」の任天堂ブースに展示される予定となっており、実際に遊ぶことができるとのこと。

(C) COMPILE-〇 INC.

(C) D4Enterprise Co.,Ltd.

最終更新:7月6日(水)11時35分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]