ここから本文です

「DAYS」松岡禎丞×浪川大輔×宮野真守が“聖蹟3本の矢”鼎談、マガジンで

コミックナタリー 7月6日(水)16時18分配信

安田剛士原作によるテレビアニメ「DAYS」の放送がスタートしたことを記念し、本日7月6日発売の週刊少年マガジン32号(講談社)に風間陣役の松岡禎丞、水樹寿人役の浪川大輔、大柴喜一役の宮野真守の鼎談が掲載されている。

風間、水樹、大柴は名門サッカー部・聖蹟高校伝統の攻撃スタイル「聖蹟3本の矢」を担う3人。それぞれを演じるキャストたちが、「DAYS」への熱い思いを語り合っている。また今号には「DAYS」本編に加え、番外編「別れ道」も収録された。

このほか今号には勝木光「ベイビーステップ」の実写ドラマ化を記念し、丸尾栄一郎役の松岡広大、ナツ役の季葉へのインタビューも登場した。なお告知されていた真島ヒロ「FAIRY TAIL」56巻と58巻のOAD付き特装版は、制作上の都合により企画中止が決定。56巻特装版に付属する予定だったOAD「ナツvs.メイビス」は、11月発売の58巻特装版として、58巻特装版に付属する予定だったOAD「妖精たちのクリスマス」は12月発売の59巻特装版としてそれぞれ発売される。詳細は特設サイトにて確認を。

最終更新:7月6日(水)16時18分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。