ここから本文です

俳優チ・ジニ、韓国版「最後から二番目の恋」撮影中に鼻負傷…病院行

WoW!Korea 7月6日(水)15時13分配信

韓国俳優チ・ジニ(43)が韓国版ドラマ「最後から二番目の恋」の撮影中に負傷し病院で治療を受けた。

チ・ジニのプロフィールと写真

 6日、放送関係者によると、俳優チ・ジニは去る5日、SBS週末ドラマ「最後から二番目の恋」の撮影現場でアクションシーンの撮影中、相手俳優の拳が顔面に当たり鼻を負傷した。

 チ・ジニはすぐに病院に向かい治療を受けた。「最後から二番目の恋」スタートまで2週間も満たない状況での負傷に、関係者も心配の声をあげたが、幸い負傷程度が大きくなく、今後の撮影に支障はないものと見られる。

 ドラマ関係者は「チ・ジニは負傷しながらも、相手俳優が心配しているのを見てむしろ慰めていた」とチ・ジニの態度を称賛した。

 日本ドラマ「最後から二番目の恋」を原作にした同ドラマは、何も起こらないでほしいと願う5級公務員コ・サンシク(チ・ジニ扮)とどんな事でも起きてほしいと願うテレビ局プロデューサー、カン・ミンジュ(キム・ヒエ扮)の恋を通じて、第2の思春期を体験する40代の愛と人生を描く。来る24日より韓国で放送予定だ。

最終更新:7月6日(水)15時13分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。