ここから本文です

「無線LAN」「祈祷室」を新たな図記号に? 外国人向けピクトグラム、経産省が検討

ITmedia ニュース 7月6日(水)12時28分配信

 経済産業省は、公共施設などの場所を表す「案内用図記号」(ピクトグラム)の国内規格の改定検討を7月7日に始める。来夏をめどに、外国人観光客向けの新しい記号を追加する予定としている。

【国土地理院のアンケート調査に寄せられた外国人観光客の意見】

 日本工業規格(JIS)原案作成委員会を7日に開き、「海外発行カード対応ATM」「無線LAN」「祈祷室」など新しい記号の追加を検討する。既存の記号についても、「病院」や「切符売り場」など、国内規格と国際規格で大きく差があり、外国人観光客が分かりにくいものは変更を検討する。

 外国人向け記号をめぐっては、国土地理院が1月に地図記号に関する調査報告書を公表。訪日外国人向けアンケートで寄せられた「温泉マークは温かい飲み物と混同する」、「寺院のマーク『卍』はナチス・ドイツを連想する」などの意見を踏まえ、外国人観光客が必要とする18の施設について推奨する記号をまとめている。

最終更新:7月6日(水)12時28分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]