ここから本文です

山中は11度目防衛、長谷川は3階級制覇かけ… W世界戦発表

デイリースポーツ 7月6日(水)13時44分配信

 ボクシングのW世界戦(9月16日、エディオンアリーナ大阪)が6日、都内で発表された。WBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=は同級1位・アンセルモ・モレノ(31)=パナマ=と11度目の防衛戦。元世界2階級制覇王者でWBC世界スーパーバンタム級4位・長谷川穂積(35)=真正=は同王者のウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=に挑む。

 戦績は山中が25勝(17KO)2分け、モレノが36勝(12KO)4敗1分け。長谷川が35勝(15KO)5敗、ルイスが36勝(32KO)3敗。

 山中は昨年9月に判定で下して以来、再び強敵を迎える。「今年3月に10度目の防衛を達成して、次こそは統一戦だったり、海外のビッグマッチを希望していたけど、実現せず。(陣営が)モチベーションを考えてくれて、モレノを決めてくれた。9度目の防衛戦では終盤までどちらが勝つかという展開。今回は完全決着付ける気持ちで臨める。ハッキリした形で勝つ。必ず自分が勝つ。間違いなく最強の相手。そういう相手に再戦で差を見せる」と力を込めた。

 両者のW世界戦は14年4月、大阪城ホールで行われた。長谷川はそれ以来、約2年5カ月ぶりの世界戦で日本選手4人目の世界3階級制覇がかかる。

 長谷川は「この日までと決めた日までやると思ってやってきて、このタイミングで世界戦ができる。悔いなく練習してやりたい。ラストチャレンジだと思っている」と、背水の覚悟を口にした。

最終更新:7月6日(水)15時42分

デイリースポーツ