ここから本文です

現代・起亜自動車 メキシコの上半期販売が4倍増

聯合ニュース 7月6日(水)15時42分配信

【ソウル聯合ニュース】新興市場を代表するメキシコで現代自動車と傘下の起亜自動車の販売実績が大幅に伸びている。メキシコ自動車工業会(AMIA)によると、現代・起亜は今年1~6月に同国で計4万264台を販売した。前年同期の販売台数(1万1004台)の4倍近くに当たる。

 

 特に、昨年7月にメキシコに進出した起亜自動車の好調が際立つ。今年上半期に2万3496台を売り上げ、市場シェアは3.3%と現代より1ランク上の9位につけた。

 現代も上半期に前年同期比52.4%増の1万6768台(シェア2.3%)を販売した。

 中南米諸国で深刻な景気低迷が続く中、メキシコの自動車市場は着実に成長し続けている。

 今年上半期にメキシコでは前年同期比18.4%増の72万1856台が売れた。

 起亜関係者は「今年5月からメキシコ工場を稼動している。メキシコ製のK3など主力車種を積極的に販売し業績拡大を図る」と話した。

最終更新:7月6日(水)15時55分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。