ここから本文です

「最速のNSXを目指して」展、ホンダコレクションホールで開催…9月2日より

レスポンス 7月6日(水)20時45分配信

ツインリンクもてぎは、企画展「最速のNSXを目指して~全日本GT選手権制覇への軌跡~」を9月2日から12月12日まで、ホンダコレクションホールにて開催する。

[関連写真]

企画展では、SUPER GTの前身である全日本GT選手権(JGTC)を特集。1996年にNSXのGTレース仕様車『NSX-GT』で参戦を開始したホンダは、ル・マン24時間レースGT2クラスの流用車を投入するも苦戦を強いられ、1997年に向けGT専用マシンを開発する。トヨタ、日産がターボエンジンを搭載する中、ホンダは自然吸気エンジンを選択。空力を重視し、パワーで勝るライバル勢を相手にコーナーリング性能を武器に渡り合っていく。そして2000年に初めてチャンピオンを獲得するまでの軌跡を紹介する。

また展示車両にはNSX-GTだけでなく、トヨタ『スープラ』や日産『スカイライン』などのライバルマシンも登場し、3メーカー4車種の歴代JGTCチャンピオンマシンが揃い踏みする。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月6日(水)20時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。