ここから本文です

次期iPhoneでついに16GBモデルが消える?

ITmedia ニュース 7月6日(水)13時19分配信

 米Appleが9月にも発売するとみられる次期iPhone、「iPhone 7(仮)」の最低容量モデルは16GBではなく32GBになると、米Wall Street Journalが7月5日(現地時間)、この件に詳しい情報筋の話として報じた。

 競合するスマートフォンメーカーのほとんどがフラッグシップ端末の容量を32GBからにする中、Appleは現行の「iPhone 6」でも16GBモデルを提供している。

 Wall Street Journalのジョアンナ・スターン記者は「16GBモデルは100ドルで64GBにアップグレードさせるためのAppleの策でしかなかった」として16GBモデルの消滅を歓迎している。

 次期iPhoneの容量については、最大容量256GBのモデルが登場するといううわさもある。現行モデルの最大容量は128GBだ。

 これまでのうわさでは、次期iPhoneはヘッドフォンジャックがなくなって薄くなり、カメラのでっぱりもなくなり、色としてはディープブルーが追加されるという。

最終更新:7月6日(水)13時19分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]