ここから本文です

伊原春樹氏「何ともお粗末。阪神は優勝できっこない」

東スポWeb 7月6日(水)17時11分配信

 東京ドームで5日に行われたGT戦は由伸巨人が3―2で最下位の金本阪神に勝利した。首位・広島に両軍ともに大きく引き離された状態での対決。わびしい限りの伝統の一戦となったが、その中身も…。本来はプロ野球を特に盛り上げなければならない巨人、阪神を本紙専属評論家の伊原春樹氏が「新・鬼の手帳」でバッサリ斬った。

【伊原春樹「新・鬼の手帳」】巨人も阪神も似たようなもんだね。私に言わせれば、何ともお粗末なゲームだった。

 巨人は勝つには勝ったが、7回のピンチで内海から宮国に継投した場面のベンチワークがいただけない。内海が二死満塁としたところで、巨人ベンチは村田真ヘッドと尾花投手コーチが相談を始め、そこへ由伸監督も加わった。つまり、この時点で次に出す投手を決めていなかったということ。それをテレビのカメラに抜かれるなど、ヘッドコーチとしてこんなに恥ずかしいことはない。常に先の先の展開を読んで手を打つ。今の巨人ベンチは、そんな当たり前のことさえできていない。

 6回の攻撃でも、気になるプレーがあった。坂本が投手のグラブをはじく安打で1点を先制してなおも一、三塁。ここで捕手が投球を横にそらしたにもかかわらず、坂本は二塁に進めなかった。その後、点が入ったから「まあ、いいじゃないか」で済ますのだろうが、私なら試合後のミーティングで厳しく指摘する。そうした積み重ねが、スキのない野球につながっていくからだ。

 さらに言えば、この試合では出番がなかったが、私は鈴木の使い方にずっと疑問を持っていた。代走で起用されても盗塁させず(今季22試合で2盗塁)にバントばかり…。まさに宝の持ち腐れで、こうした起用なら他の選手でもできる。1点勝負の大事な場面で、それでも盗塁ができるのが鈴木の強み。リスクを恐れて慎重になるのもいいが、そういう方針なら他の選手をベンチに入れるべきではないか。

 一方、阪神もひどい。私は開幕前に優勝と予想したが、ここまで若手を使うとは思わなかった。昨年の戦力に1人、2人の若手が加わればと思っていたが、はっきり言って優勝を意識した戦いをしていない。これでは優勝なんて、できっこありません。

 最終回の攻撃が典型的。1点差で無死一塁。当然、次打者の北條はバントですよ。なのにフルカウントになっても走者を動かすことなく、ただ打たせるだけ。ファンも「勝つ気があるのか!」となりますよ。

 6回一死一塁でバント処理を誤ったゴメスの守備もひどかった。私がヘッドコーチなら、試合後「プロとしてあるまじきプレーだ」と若手の前でゴメスを叱責します。そうじゃなきゃ若手に示しがつかない。「超変革」と言うなら、せめてそれぐらいはしっかりやってもらいたいと思いますね。

(本紙専属評論家)

最終更新:7月6日(水)17時11分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]