ここから本文です

野々村被告の控訴は?弁護人「判決理由を検討して」

デイリースポーツ 7月6日(水)15時51分配信

 政務活動費913万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われた“号泣元県議”こと元兵庫県議の野々村竜太郎被告(49)の判決公判が6日、神戸地裁で開かれた。佐茂剛裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡した。

 閉廷後、野々村被告の弁護人が書面でコメントを発表。「本日、野々村氏に対する判決言い渡しがありましたが、今後の方針については、判決理由を検討したうえで、決めたいと思います」とした。

 判決公判で佐茂裁判長は、野々村被告の県議時代の344回に及ぶ不自然な日帰り出張などを全面的に「虚偽」と認定。公判で野々村被告が「解離性健忘症の可能性」を主張して、政務活動費に関する質問に150回以上「記憶にない」と繰り返したことに「覚えてないというのは、到底理解できない」「真摯な反省の態度がみられない」と断じた。

最終更新:7月6日(水)19時20分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。