ここから本文です

クール?素直?「ふだつきのキョーコちゃん」アプリで全巻公開、最終巻も刊行

コミックナタリー 7月6日(水)16時42分配信

山本崇一朗「ふだつきのキョーコちゃん」の全巻を公開するキャンペーンが、本日7月6日から12日までの期間限定で、小学館のアプリ・マンガワンにて実施されている。

ゲッサン(小学館)にて連載されていた「ふだつきのキョーコちゃん」は、クールな少女・キョーコと、彼女のために奮闘する強面の兄・ケンジの物語。人の血を吸う怪力のキョンシーであるキョーコは、札の役割としてつけているリボンがほどけると、素直な性格に一変し、本能のままに人を襲ってしまう。そんな彼女のために、妹に近づく男を片っ端から威圧するケンジは“シスコンヤンキー”と恐れられていた。ファンはもちろん、まだ読んだことがない人はこれを機に一読してみては。なお同作の単行本の最終7巻は、7月12日に発売される。

マンガワンではWebマンガサイト・裏サンデーの連載作や、「MAJOR」「神のみぞ知るセカイ」「闇金ウシジマくん」といった人気マンガを公開中。作品を読むために必要なアイテム「ライフ」を使って、1日最大8話まで無料で楽しむことができる。ライフは時間によって回復するほか、課金などにて増やしていくことも可能だ。なお目下キャンペーン期間中につき、初回ダウンロード時には100話が無料で楽しめる。またAndroid版には同等の無料時間を提供している。

最終更新:7月6日(水)16時42分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。