ここから本文です

Google傘下のDeepMind、眼の疾病早期発見AIアルゴリズム開発で英病院と提携

ITmedia ニュース 7月6日(水)14時39分配信

 米Google傘下の人工知能企業DeepMindは7月5日(現地時間)、眼の疾病の早期発見のため、英ムーアフィールド眼科病院と提携したと発表した。

診断のためのデジタルスキャン

 ムーアフィールド眼科病院は英国民健康サービス(NHS)が運営する、欧州では最大規模の眼科病院。DeepMindの拠点はロンドンにある。

 この提携により、ムーアフィールドは匿名化した100万人の眼球スキャンデータとそれに紐付けられた症状のデータをDeepMindに提供する。DeepMindはこのデータを基に疾病を検出する機械学習アルゴリズムを構築する。

 英国では現在、約36万人が目が見えないあるいは視覚に障害があると登録している。眼科医は通常、眼のデジタルスキャンを見て治療に当たるが、現状ではそれが非常に難しいという。

最終更新:7月6日(水)14時39分

ITmedia ニュース