ここから本文です

「プリウス」が唯一の10万台超え 2016年上期の新車販売台数ランキング

ITmedia ビジネスオンライン 7月6日(水)15時17分配信

 日本自動車販売協会連合会などは7月6日、2016年上期(1~6月)の新車乗用車販売台数を発表した。トヨタ自動車のハイブリッドカー「プリウス」が前年同期比99.7%増の14万2562台でトップとなった。販売台数が10万台を超えたのは唯一。昨年12月に投入した新型プリウスが大きくけん引した。

【2016年1~6月の新車乗用車販売台数ランキング】

 2位はホンダの軽自動車「N-BOX」で同10.3%減の9万5991台、3位はトヨタの小型ハイブリッドカー「アクア」で同26.3%減の8万9409台だった。

 新車の売り上げが低迷する中、販売実績が5万台以上のクルマで前年より伸びたのは、プリウスのほか、ダイハツの軽自動車「タント」(同2.0%増の8万9361台)、トヨタのミニバン「シエンタ」(700.4%増の6万1054台)だけだった。

最終更新:7月6日(水)15時17分

ITmedia ビジネスオンライン