ここから本文です

「カルラ舞う!」30周年を記念した別冊がボニータに、白井弓子の読み切りも

コミックナタリー 7月6日(水)17時11分配信

永久保貴一「カルラ舞う!」シリーズ30周年を記念した別冊「カルラ舞う!NAVI」が、本日7月6日発売のミステリーボニータ8月号に付属している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「変幻退魔夜行 カルラ舞う!」は1986年に月刊ハロウィン(朝日ソノラマ)でスタートした伝奇アクション。「変幻退魔夜行 新・カルラ舞う!」「真・カルラ舞う!」「変幻退魔夜行 超・カルラ舞う!」などを経て、現在は「カルラ舞う!」シリーズのキャラクターが歴史上の人物に扮した「変幻退魔夜行 カルラ舞う! ~外伝 安倍晴明編~」がミステリーボニータにて連載中。

「カルラ舞う!NAVI」にはシリーズ各作品の登場人物とストーリー紹介のほか、永久保のロングインタビュー、30年前を振り返った1ページマンガ「酒呪雑多」を収録している。

8月21日には東京カルチャーカルチャーにてイベントが開催。永久保とゲストによるトークのほか、1989年に公開されたアニメ映画「変幻退魔夜行 カルラ舞う! 奈良怨霊絵巻」の上映や、限定グッズの発売が行われる。チケットは本日7月6日からイープラスにて発売中。そのほか今後、東京・目黒不動尊と京都・泉涌寺で永久保の原画展を予定。詳細は今後、永久保のTwitterなどで告知される。

また今号のミステリーボニータには、「天顕祭」「WOMBS」で知られる白井弓子による読み切り「イワとニキの新婚旅行」も掲載されている。

永久保貴一 「変幻退魔夜行カルラ舞う!」シリーズ連載30周年記念トークイベント
日時:2016年8月21日(日)18:00~20:30(予定)会場:東京カルチャーカルチャー料金:前売4390円(飲み放題+おみやげ付き)、当日4890円出演:永久保貴一、猪股一彦、石山タカ明、三井誠 ほか

最終更新:7月6日(水)17時11分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。