ここから本文です

【プロキオンS】ノボバカラ 坂路ラスト11・9秒「いい位置で運べればまず大丈夫」

東スポWeb 7月6日(水)20時20分配信

【プロキオンS(日曜=10日、中京ダート1400メートル)注目馬6日最終追い切り:美浦】ノボバカラは坂路単走で4ハロン53・6秒。「ずっと使ってる馬だし、今さら攻め込んでも仕方がない」(天間調教師)とのことで、終始馬なりだったが、それでもラスト1ハロンは11・9秒の切れ味。成績が示す通り今はまさに絶好調だ。

 天間調教師「前走(北海道スプリントC=2着)はダートスタートにも対応したが、ベストは芝スタートの1400メートル。実際に4走前(納屋橋S)に勝っている舞台でもあり、条件的には今回のほうがいいね。今後へ向けて賞金を加算したいし、普通にゲートを出ていい位置で運べればまず大丈夫だとは思うよ」

最終更新:7月6日(水)20時20分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]