ここから本文です

なかにし礼氏 4月心臓病手術から完全復調「極めて健康」

デイリースポーツ 7月6日(水)17時4分配信

 作家のなかにし礼氏(77)が6日、都内で行われた歌手・小林幸子(62)の新曲「百花繚乱!アッパレ!ジパング!」の発表会に登場。自身の健康状態に「極めて健康です」と、完全復調をアピールした。

 なかにし氏は2012年、15年と2度、食道がんで陽子線と切除手術を受けた。その後がんは消滅したとしている。不整脈の持病があり、今年4月には突然死を回避するため、致死性不整脈を感知し治療する除細動器(ICD)と心臓ペースメーカーを体内に埋め込む手術を受けていた。

 現在の体調にも「ICDを体に入れたので、突然死するリスクもなくなりました」と語り、「極めて健康です」と笑顔で話していた。

最終更新:7月6日(水)17時12分

デイリースポーツ