ここから本文です

永六輔の復帰「望む」…TBSラジオ社長 半世紀にわたる出演に幕も

デイリースポーツ 7月6日(水)17時9分配信

 タレント、放送作家の永六輔(83)がパーソナリティーを務めていた冠ラジオ番組「六輔七転八倒九十分」(TBS)が6月27日に終了したことを受け、TBSラジオの入江清彦社長は6日、本人の体調回復と家族の了解を条件に「復帰の可能性もありますし、我々もそれを望んでいます」と語った。

 半世紀にわたり、番組を変えながらTBSラジオに出演してきた永だったが、パーキンソン病を患い、今年2月には背中の手術を受け、「六輔七転八倒九十分」を休養。回復のめどがたたなかったことから5月に冠番組の終了を発表した。

 6月27日に番組は終了し、7月4日からの後番組に、はぶ三太郎による「いち・にの三太郎~赤坂月曜宵の口」が放送されている。

 入江社長は「マイクに向かうまでは回復されなかったことと、ご家族と相談の上、レギュラー番組は終了となりました」と経緯を説明。今後について「体調が回復されて、ご家族の望みもあれば復帰の可能性もありますし、我々もそれを望んでいます」と永の復帰を期待した。

最終更新:7月6日(水)17時19分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。