ここから本文です

「彼岸島 デラックス」特報で師匠が華麗な丸太さばき披露、声は石橋蓮司

映画ナタリー 7月6日(水)18時0分配信

松本光司のマンガを原作とした実写映画「彼岸島 デラックス」の特報映像がYouTubeにて公開。あわせて石橋蓮司が“師匠”こと青山龍ノ介の声を担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、吸血鬼伝説が残る孤島を舞台に、行方不明になった兄を捜しに島を訪れた弟と、その仲間たちの脱出劇を描くアクションホラー。血を分けた兄弟がやがて壮絶な戦いを繰り広げていく。弟の宮本明を白石隼也、兄の宮本篤を鈴木亮平がそれぞれ演じている。「猫侍 南の島へ行く」の渡辺武がメガホンを取った。

このたび公開されたのは、石橋が声を担当する龍ノ介に焦点を当てた特報映像。龍ノ介は吸血鬼や異形の怪物に対する抵抗組織のリーダーで、宮本兄弟の師匠でもある。映像では身長262cm、体重198kgの体格から繰り出す特技“丸太振り”で、襲いかかる敵をばったばったとなぎ払う様子が捉えられている。

「彼岸島 デラックス」は10月15日より東京・新宿ピカデリーほか全国にてロードショー。



(c)2016「彼岸島」製作委員会

最終更新:7月6日(水)18時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。