ここから本文です

東京で女性社長が増えている、名前のトップは?

ITmedia ビジネスオンライン 7月6日(水)16時16分配信

 東京都には企業が60万1786社(2015年)あるが、そのうち女性社長は8万6274人で、調査を開始した2010年以降最多を記録していることが、東京商工リサーチの調査で分かった。女性社長の割合は14.3%でこの数値も過去最高、また全国平均11.8%を上回り全国トップだった。

【女性社長の出身校と名前ランキング】

 女性社長を産業別でみると、飲食業や介護事業、美容関連などの「サービス業他」(3万7730人)が43.7%で断トツ。「小資本でも起業しやすい業種が増える傾向が強いようだ」(東京商工リサーチ)。次いで「不動産業」(1万3058人)が15.1%、「小売業」(9553人)が11.1%と続き、上位3産業で約7割を占めた。

●名前は「和子」がトップ

 女性社長の出身大学をみると、1位が慶應義塾大学の171人(全国3位、246人)、2位が日本大学151人(同1位、326人)、3位が早稲田大学132人(同4位、208人)、4位が青山学院大学120人(同5位、205人)、5位が東京女子医科大学117人(同2位262人)という結果に。

 国公立大学では、9位の東京大学が66人(全国14位、99人)でトップ。次いで、22位に東京医科歯科大学34人(同31位、65人)、30位に千葉大学25人(同25位、70人)が上位30位に入った。上位30位までに女子大は8校(全国7校)がランクインした。

 女性社長の名前の1位は、「和子」(1035人)。2位は「洋子」(834人)、以下「幸子」(817人)、「裕子」(791人)、「陽子」(666人)、「久美子」(635人)、「京子」(634人)と続いた。「トップの『和子』は、昭和初期から同27年(1952年)まで、女性の生まれ年別の名前ランキングトップだったことも影響していると思われる」(東京商工リサーチ)。上位30位までは、「子」の付く名前がランキングを占め、唯一28位に「由美」(342人)がランクインした。

最終更新:7月6日(水)16時16分

ITmedia ビジネスオンライン