ここから本文です

【七夕賞】ルミナスウォリアー 1馬身遅れも陣営強気「福島替わりもうまく対応できる」

東スポWeb 7月6日(水)20時46分配信

【七夕賞(日曜=10日、福島芝2000メートル)注目馬6日最終追い切り:美浦】前走で準オープンを卒業(ジューンS=1着)して今回が初めての重賞挑戦となるルミナスウォリアー。それを考えれば55キロはやや見込まれた印象だが、和田郎調教師は「それだけ強いと思ってくれた証拠」と引き続きファイティングポーズだ。

 南ウッド5ハロンから行われたこの日の併せ馬では僚馬ヨンカー(古馬1000万下)に1馬身遅れだったが、同師は最後まで強気の姿勢を崩さなかった(69・2―39・8―13・4秒)。

 和田郎調教師「相手は稽古で動くタイプ。この馬の走り自体は良かったし、強い勝ち方をしてくれた前走と同じくらいのデキにはある。ここにきてゲートの出が良くなってきているし、福島替わりもうまく対応できると思う」

最終更新:7月6日(水)20時46分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ