ここから本文です

【七夕賞】切れ合格点アルバートドック 狙い澄ました「右回り」で重賞2勝目狙う

東スポWeb 7月6日(水)21時11分配信

【七夕賞(日曜=10日、福島芝2000メートル)注目馬6日最終追い切り:栗東】小倉大賞典を勝った後は3走前に中日新聞杯(18着)、前走はエプソムC(7着)と2度左回りの重賞を使ったものの、期待外れの結果に終わったアルバートドック。この日はウッド6ハロンから単走追い。ゆったりとしたフォームから繰り出す重心の低い末脚は健在で、切れのある動きを見せた。このデキなら2つ目の重賞タイトルを手にしてもおかしくない(85・7―38・9―12・2秒)。

 須貝調教師「前走は道中であとひとつ前の位置が取れていれば違っていたかも。ただ、左回りの2走はどちらも結果が出ていないし、馬が戸惑ってスピードに乗れなかった感じもある」

 今回は狙い澄まして右回りのここへのエントリーを決めた。

最終更新:7月6日(水)21時11分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ