ここから本文です

中日・ビシエド18号ソロ「打たないといけない球を打てた」

東スポWeb 7月6日(水)21時57分配信

 中日は6日の広島戦(金沢)で投打の歯車がガッチリとかみ合い、相手先発・黒田の日米通算200勝達成を阻止した。

 1―1の同点に追いつかれた6回、平田の左中間を破る適時二塁打、ビシエドの中前適時打で2点を勝ち越して、黒田をこの回でKO。8回にはビシエドが「打ち取ろうとする球を我慢できて、打たないといけない球を打てた」と自画自賛の18号ソロを放ち、突き放した。

 投げてはバルデスが7回1失点の粘投を見せて3勝目(2敗)をマーク。「黒田さんはいい投手なので、200勝のことは別として、自分は何とか最少失点で抑えることを意識した」と無心で投げ合いを制した。

 黒田の記録達成を見ようと真っ赤に染まった独特な雰囲気の中でのゲームにも、谷繁監督は「僕は一切感じませんでしたけど」と強気に話した。

最終更新:7月6日(水)21時57分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)