ここから本文です

スマホがおもちゃのリモコンに 乾電池型Bluetoothデバイス「MaBeee」発売 ミニ四駆の加速・減速もOK

ITmedia ニュース 7月6日(水)17時42分配信

 スマホがおもちゃのリモコンに――ミニ四駆など単三形乾電池で動くおもちゃを、スマートフォンを使ってコントロールできるようにする乾電池型のIoT(Internet of Things)デバイス「MaBeee」(マビー)の一般販売が8月4日に始まる。スマホを振ったり傾けたりすることで電池の出力を制御でき、おもちゃのスピードなどをコントロールできる仕組みだ。

【その他の画像】

 リンクスインターナショナルがビックカメラとTSUKUMOで販売する。4980円(税別)。

 単三形乾電池型のBluetoothデバイスで、市販の単四形乾電池を内部にセットして使う。おもちゃの電池ボックスの中にMaBeeeを入れ、スマートフォンとBluetooth接続すると準備OK。電池を複数個使う製品でも、MaBeeeを1つだけ入れれば使えるという。

 専用アプリをインストールしたスマホを振ったり傾けたりすることで電池の出力を制御でき、おもちゃのスピードなどをコントロールできる。例えばミニ四駆なら、スマホをゆっくり振ってゆっくり加速し、早く振ってスピードアップさせたり、電車のおもちゃなら、スマホの傾斜角度で車両の速度をコントロールし、駅の手前で徐行運転してゆっくり停車する――といった遊び方が可能になる。声の大きさに反応させることも可能。歩くおもちゃに声をかけると近づいてくるといったこともできる。

 市販のおもちゃだけでなく、自作の工作に搭載してリモコン操作を楽しむなどの使い方も可能。専用アプリは最大10台のMaBeeeと同時につなげることができ、多数の製品を一度に動かすこともできる。

最終更新:7月6日(水)17時42分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]