ここから本文です

岸本斉史の卑弥呼、和月伸宏の坂本龍馬……人気漫画家が表紙描く「日本の歴史」担当がついに全公開!

ねとらぼ 7月6日(水)17時43分配信

 そうそうたる人気漫画家が表紙イラストを手掛けることが話題となっている、集英社「学習まんが 日本の歴史」シリーズ(全20巻)。これまで荒木飛呂彦さんによるマッカーサーのイラストなどが発表されてきましたが、今回すべての表紙が決定しました。

【豪華すぎるメンバーによる各巻表紙】

 発表されたのは岸本斉史さん、荒木飛呂彦さん、久保帯人さん、椎名軽穂さん、浅田弘幸さん、樋口大輔さん、原泰久さん、石田スイさん、藤崎竜さん、和月伸宏さん、東村アキコさん、村上もとかさん、アルコさん、森田まさのりさん、咲坂伊緒さんの15人で、それぞれが1巻または2巻ずつ表紙を手がけます。いやちょっとこれ豪華すぎないですか!?

 「封神演義」や「ホイッスル!」などのレジェンド少年漫画の作者から、「君に届け」「アオハライド」など最近の少女漫画の作者まで、幅広く豪華なメンバーが集った同作。第1巻の岸本斉史さんによる卑弥呼から始まり、荒木飛呂彦さんによる厩戸王、久保帯人さんによる聖武天皇、椎名軽穂さんによる紫式部と続きます。こんなエースだらけのリレー初めて見た。

 全20巻セットの初回出荷分には、カバーイラストを使用したクリアファイル5枚セットが付属。発売は全巻同時の10月28日で、1巻あたり1000円、全巻セットが1万8000円(ともに税別)です。

(C)集英社『学習まんが 日本の歴史』

(C)岸本斉史/集英社『学習まんが 日本の歴史』

最終更新:7月6日(水)17時43分

ねとらぼ