ここから本文です

ゴッホ向井ブルー制作の映像振り返るライブ始動、初回は2012年うしろ&ラブレ

お笑いナタリー 7月6日(水)18時30分配信

7月17日(日)、ゴッホ向井ブルーが「昔作った映像を観るライブ」を東京・新宿バッシュ!!で開催し、ラブレターズ溜口をゲストに迎える。

【この記事の関連画像をもっと見る】

芸人活動の傍ら、さまざまなお笑いライブのオープニングや幕間用の映像を制作してきたゴッホ向井ブルー。「昔作った映像を観るライブ」では、そんな彼が過去に手がけたVTRを観賞しながらゲストと撮影秘話などを明かす。

今回上映されるのは、2012年に開催されたうしろシティとラブレターズのトークライブ「血塗られた放課後の仲良しクラブ~恐怖の林間学校編」で流されたロケ映像など。ゴッホ向井ブルーと溜口からどんなエピソードが飛び出すのか。

昔作った映像を観るライブ
日時:2016年7月17日(日)12:45開場 13:00開演会場:東京・新宿バッシュ!!料金:前売1300円 当日1500円チケット:氏名、ライブ名、枚数を記入の上、専用アドレス(info@kpro-web.com)にメール送信。<出演者>ゴッホ向井ブルーゲスト:ラブレターズ溜口

最終更新:7月6日(水)18時30分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。