ここから本文です

中山忍「平成ガメラ」2作目だけ出演しなかったワケを暴露

東スポWeb 7月6日(水)22時5分配信

 女優・中山忍(43)が6日、東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲で行われた、ブルーレイ発売記念「平成ガメラ 4K デジタル復元版」4K特別上映のトークイベントに金子修介監督(61)と出席した。

「平成ガメラ」とは、ガメラ生誕30周年記念作品として製作された3部作のこと。この3部作がガメラ生誕50周年を迎えた2015年に4K化され、そのブルーレイ版が22日に発売される。これに先立って今回、同劇場で、22日まで限定上映される運びとなった。

 1作目と3作目で主演を務めた中山は、2作目も製作が決まるや否や、金子監督に長文の手紙で出演を直訴したが「つれない返事しか返ってこなかった」という。

 そんないきさつを暴露されると、金子監督は「手紙には胸が熱くなったけど、ストーリー的に長峰(中山演じる主人公)が出る理由がなかった…」とタジタジ。20年越しで理由を聞いた中山は「いいんです。恨んでません」と話した。

 イベントの最後には「この作品は私の人生の分岐点となった作品です。それが4Kで見られることがうれしいです。ぜひ皆さん楽しんでいってください」と観客にあいさつした。

最終更新:7月6日(水)22時5分

東スポWeb