ここから本文です

ついに師匠が! 丸太が! 「彼岸島 デラックス」予告映像“師匠編”が解禁に

ねとらぼ 7月6日(水)18時8分配信

 10月15日より全国公開される、実写映画「彼岸島 デラックス」の新たな予告映像“師匠編”が解禁されました。併せてその“師匠”の声を、声優初挑戦の石橋蓮司さんが演じることも判明しています。

【印象的なあの“仮面”もそのまま】

 今回公開された予告映像は、タイトルのとおり、「彼岸島」シリーズ屈指の人気キャラクターである“師匠”にフィーチャーしたもの。身長262センチ、体重198キロという人間離れした巨体と怪力の持ち主で、映像では武器である丸太を軽々と振り回し、並み居る吸血鬼たちを次々と粉砕。ただでさえムチャクチャな登場人物が多い「彼岸島」の中でもズバ抜けてムチャクチャなキャラクターですが、実写でもそのムチャクチャぶりはしっかり再現されているようです。

 松本光司さんによる原作「彼岸島」は、シリーズ累計700万部を誇るベストセラーコミック。映画「彼岸島 デラックス」では主人公の明・篤兄弟を、白石隼也さんと鈴木亮平さんがそれぞれ演じることが発表されています。

最終更新:7月6日(水)18時8分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。