ここから本文です

BORISの代表作「PINK」デラックスエディション発売、再現ワールドツアーも

音楽ナタリー 7月6日(水)18時39分配信

BORISのアルバム「PINK」のデラックスエディションが本日7月6日にリリースされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2005年11月に日本盤が発表された「PINK」は、ヘヴィロックとドローンを統合した彼らのスタイルを確立した作品。発売後に2006年だけで3度アメリカツアーを行って世界的に評価と知名度を上げ、Pitchforkによるその年の年間総合ベストアルバムトップ10にも選出された。

今作のDISC 1には表題曲「PINK」や、ジム・ジャームッシュ監督「リミッツ・オブ・コントロール」、中島哲也監督「告白」といった映画で使用され話題になった「決別」など11曲を収録。DISC 2には、2004年から2005年にかけて「PINK」と同時期にレコーディングされながらさまざまな理由で収録されなかったものを、現在の環境で新たにミックスした9曲が収められる。

BORISはこのアルバムを引っさげて、この夏から「PINK」を再現するワールドツアーを開催。アメリカのヘヴィドローンバンド・EARTHとともにアメリカとカナダを回り、9月にDISGUNDERをゲストに迎えて東名阪で凱旋ツアーを実施する。

BORIS「PINK -Deluxe Edition-」収録曲
DISC 1
01. 決別02. PINK03. スクリーンの女04. 別になんでもない05. ブラックアウト06. Electric07. 偽ブレッド08. ぬるい炎09. 6を3つ10. My Machine11. 俺を捨てたところ

DISC 2

01. 君の名前 -Your Name Part 2-02. Heavy Rock Industry03. SOFUN04. non/sha/lant05. ひらがなのへや -Room Noise-06. Talisman07. N.F.Sorrow08. Are You Ready?09. 爪先 -Tiptoe-

BORIS「performing "PINK" Japan Tour 2016」
2016年9月17日(土)愛知県 池下CLUB UPSET2016年9月18日(日)大阪府 CONPASS2016年9月24日(土)東京都 新代田FEVER<出演者>BORIS / DISGUNDER

最終更新:7月6日(水)18時39分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。