ここから本文です

阪神・福留が三回に先制適時打 金本監督の猛ゲキに応えた

デイリースポーツ 7月6日(水)18時48分配信

 「巨人-阪神」(6日、東京ドーム)

 阪神・福留孝介外野手が先制の適時内野安打を放った。

【写真】金本監督がナインにゲキ!

 三回だ。2死から鳥谷が10球粘って四球を選ぶと、続くゴメスは初球を左前に運んだ。2死一、三塁となった好機で打席に入った福留は、田口の初球を振り抜くと、打球は一、二塁間へ。二塁・中井に捕球されたものの、お手玉する間に一塁を駆け抜け、先制点が入った。

 初回の攻撃があっさりと3人で終わると、二回の攻撃前には、ベンチ前で円陣が組まれ、金本監督が自ら、選手に強い口調でゲキを飛ばしていた。その気持ちが伝わったかのような、2死からの先制点となった。

最終更新:7月6日(水)19時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]