ここから本文です

阪神・岩崎、六回途中3失点で勝ち越し許し、降板

デイリースポーツ 7月6日(水)20時9分配信

 「巨人-阪神」(6日、東京ドーム)

 阪神の先発・岩崎が5回1/3を投げて5安打3失点で降板した。

 四回まで巨人打線を1安打に抑えていた岩崎だったが、五回、巨人・村田に8号ソロアーチを浴び、同点にされた。

 続く、六回には1死から四球を与えると、続く坂本には遊撃への当たりは鳥谷が好捕したものの、内野安打に。さらに長野の投前へのボテボテのゴロも内野安打となり、1死満塁のピンチを背負うと、阿部に中前への勝ち越し2点適時打を許した。ここで安藤に代わってベンチに下がった。

最終更新:7月6日(水)20時24分

デイリースポーツ