ここから本文です

OKAMOTO'Sが魅力熱弁、スコセッシとミック・ジャガー製作ドラマ爆音上映会

映画ナタリー 7月6日(水)19時32分配信

マーティン・スコセッシとザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが製作総指揮を務めた海外ドラマ「VINYL -ヴァイナル- Sex, Drugs, Rock'n'Roll & NY」。同作の日本初放送を記念し、第1話の爆音上映試写会が7月5日に東京・渋谷SOUND MUSEUM VISIONで行われ、ロックバンドOKAMOTO'Sのオカモトショウとオカモトレイジ、音楽評論家のピーター・バラカンがトークショーに出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、1970年代のアメリカ・ニューヨークにおける音楽産業を題材としたドラマ。ニューヨーク・ドールズやレッド・ツェッペリンといった実在のアーティストが重要なキャラクターとして登場するなど、当時の音楽シーンがリアルに描き出される。

イベントでは、ゲストの3人が1970年代のロックシーンや当時の裏話を織り交ぜながら作品の魅力を熱く語った。バラカンはドラマに登場する衣装やセットの時代感、そしてドラマで描かれた1973年の音楽シーンについて言及。「劇中に登場する落書き1つ取っても、当時は30秒で描かないとすぐ警察に捕まってしまったそうなので、このドラマではそれを再現すべく、スコセッシが“30秒で描ける落書き”をスタッフに命じた」という演出に関するエピソードも飛び出す。さらに1990年代生まれのショウとレイジが、「劇中に出てくる『ザ・ストゥージズは好きだけどイギー・ポップはイマイチ』というくだりは、きっと当時の若者のリアルな感情なんだろう」と印象を語る場面も見受けられた。

「VINYL -ヴァイナル- Sex, Drugs, Rock'n'Roll & NY」は7月11日よりスターチャンネルにて放送スタート。

VINYL -ヴァイナル- Sex, Drugs, Rock'n'Roll & NY
スターチャンネル12016年7月11日(月)スタート 毎週月曜 23:00~ほか(字幕)スターチャンネル32016年7月13日(水)スタート 毎週水曜 23:30~ほか(2カ国語)

(c)2016 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

最終更新:7月6日(水)19時32分

映画ナタリー