ここから本文です

橋下氏 出馬表明の小池百合子氏に「参謀がいないな」

デイリースポーツ 7月6日(水)20時29分配信

 前大阪市長の橋下徹弁護士が6日、自身のツイッターで、同日に東京都知事選(14日告示)への出馬を正式表明した小池百合子元防衛相が「都議会の冒頭解散」を“公約”としたことに、「こりゃ参謀がいないな」とツッコミを入れた。

 小池氏はこの日夕、自民党からの推薦が得られない場合も、都知事選に出馬することを表明し、当選した場合には都議会解散の方針を宣言した。

 これが一斉に報じられると、橋下氏は速攻で「小池さん、都議会の冒頭解散を公約。こりゃ参謀がいないな」とツイート。「首相と違って知事には議会の解散権はない。議会自ら解散するか、議会が知事に不信任決議を出すか、それとも都民によるリコールしかない」と解説し「いきなり公約訂正?」と突っ込んだ。

 もっとも小池氏も現実的には不信任決議が可決されない限りは、議会解散できないことにも言及しており、これに橋下氏は「ただそうであれば自らの公約には掲げられないはず。だって自ら不信任に値することをやるという宣言だから」とし、小池氏の発言を「これは都議会と対決するという有権者向けメッセージだね」と分析した。

最終更新:7月6日(水)21時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。