ここから本文です

世界中で使えるSIM不要のルーター「Konnect i1」を上海で試す

ITmedia Mobile 7月6日(水)20時56分配信

 世界中で使えるグローバルルーターの種類が増えています。空港などで借りるレンタルルーターとは異なり、1台で世界中、どの国でも現地の回線を直接利用するという製品です。いくつかのメーカーが製品を出していますが、上海で開催されていたMobile World Congress Shanghai 2016には新しいメーカーが製品を展示。レンタルを行っていたので使ってみました。

【早速上海でテスト】

 NUU Mobileは米国などでSIMロックフリースマートフォンを販売しているメーカー。コストパフォーマンスに優れたミッドレンジクラスのスマートフォンを米国などで販売しています。今回のMWC上海2016ではグローバルルーター「Konnect i1」を発表。通信方式はFDD-LTEがBand 1/2/3/4/5/7/8/17/20、TD-LTEがBand 39/40/41。それに加えW-CDMAはBand 1/2/4/5、CDMA EV-DO BC(バンドクラス)0/1、GSM 4バンドに対応しています。

 Konnect i1の本体サイズは68.6(幅)×124.6(高さ)×12.6(奥行き)mmという手のひらに乗る大きさ。本体にはインジケーターライトがあり、バッテリー残量や通信状態を色で示す。バッテリー容量は3600mAhあるので、使い方にもよりますが、1日は十分持つとのことです。

 2日間レンタルすることができたので、上海市内で使ってみることにしました。使い方は電源を入れるだけ。あとはインジケーターライトの下段が緑に点灯すれば、LTEの電波をつかみます。上海駅までで試してみましたが、電源を投入して1分もせずにライトが点灯。すぐに電波をつかみました。なお、上海駅に限らず、鉄道の大型駅はスリが多いので注意。今回もこんな写真を撮っていたら、ちょっと怪しい連中がまわりをうろうろしていました。

 早速スピードテストをしたところ、下りが30~40Mpbs、上りが3~6Mpbsといったところでした。レンタルしたのは製品版とほぼ同じものでしたが、管理画面へのログイン方法は付属のマニュアルに記載なし。ブラウザで適当なアドレスを入力していたら、急にログイン画面がでてきました。

 管理画面ではデータ利用量とパッケージの残量、ルーターのバッテリー残量、ネットワークの接続種別が表示されます。上海の地下鉄内では時々3Gに落ちることもありましたが、屋外ではほぼ4Gで接続しており3Gに落ちることはありませんでした。なお画面下のメニューの「Package」をタップするとデータパッケージが購入できるのですが、現時点では料金未定のためページは開けませんでした。

 Konnect i1は、世界初のPSTN(固定電話網)を利用した音声通話にも対応するとのことですが、現時点では利用できません。今回のMWC上海2016ではデータ通信のみデモを行っていたようです。販売方法も未定で、担当者によると、「当初はコンシューマーではなくエンタープライズ向けに販売するかもしれない」とのこと。データパッケージも詳細は未定ですが、「世界均一料金として1日あたり1000円以下になるだろう」とのことです。

 Konnect i1は約100カ国に対応。日本人の渡航先はほとんどカバーされているでしょう。データ利用分も恐らくプリペイドで1日単位などの購入ができるので、海外旅行が多い人は1台持っていれば便利でしょう。また会社で1台、あるいは友人同士で1台をシェアする、というのもよいかもしれません。日本投入も担当者によれば前向きに検討しているそうなので、発売を楽しみにしたいところです。

最終更新:7月6日(水)20時56分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]