ここから本文です

カメラでフラッシュをたくと顔が写らなくなる「アンチパパラッチスカーフ」登場 反射で周りが真っ暗に

ねとらぼ 7月6日(水)22時2分配信

 ファッションブランドのISHUから、「アンチフラッシュスカーフ」が登場しています。カメラのフラッシュを反射させてスカーフ以外が暗くなり写らなくなるというもので、着用するだけでパパラッチ対策になります。

【フラッシュをたくと顔が黒くなる】

 ブランドの公式サイトでは、キャメロン・ディアスさんやパリス・ヒルトンさんら海外セレブたちが使用している様子を確認できます。フラッシュがない場合とフラッシュがある場合の比較がすごい。

 創設者のSaif Siddiqui氏は、2009年に友人の写真を撮った際、自転車のリフレクター(反射器)にフラッシュが反射して顔が隠れることを発見。その後、光の反射に関する技術を取り入れて作ったのが、このアンチフラッシュスカーフだということです。

 商品は公式サイトで購入可能で、赤色のアンチフラッシュスカーフが289ポンド(約4万円)、限定の黒色が355ポンド(約5万円)。他にも、スマホケースが60ポンド(約8000円)、赤色のネクタイが70ポンド(約1万円)で販売されています。

最終更新:7月6日(水)22時2分

ねとらぼ