ここから本文です

PCゲームをプレイできる携帯デバイスがクラウドファンディングで人気 DS風の上下2画面&ゲームパッドを搭載

ねとらぼ 7月6日(水)22時50分配信

 PCゲームをプレイできる携帯デバイス「PGS(Portable Gaming System)」が、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金を募集しています。6月30日よりスタートし、7月6日現在すでに目標の10万ドル(約1020万円)を突破、28万9645ドル(約2900万円)を集める人気となっています。

【DS感がすごい「PGS」】

 ゲームパッドが搭載されたモバイルPCは、過去にも香港から「GPD WIN」が出ていますが、今回の「PGS」はニンテンドーDS風の2画面でよりゲーム機らしい見た目をしています。縦と横の大きさもほぼ3DS LLと同じくらいとなっています。

 2つある画面のうち、上画面は通常のディスプレイとして使用します。下画面は3つのモードが存在し、小さめの表示画面として使う「ディスプレイモード」、タッチでのマウス操作が可能になる「タッチパッドモード」、そして文字を打つ際の「キーボードモード」があります。紹介動画では、上でゲームをしながら同時に下で動画を観る使用例が披露されています。

 プレイできるPCゲームについては、Kickstarterでテスト済みのタイトルがいくつか列挙されています。グラフィック設定が“低~中”ならだいたいのものがプレイ可能なようです。CPUはクアッドコアAtom X7 Z8750(2.56GHZ)を搭載。気になる発熱については、信頼性の高い冷却システムを使っているとのことです。

 方向キーやジョイスティック2つに、A・B・X・Y・L1・L2・L3・R1・R2・R3ボタンもしっかり搭載。さらにスピーカーについては“5チャンネル”仕様となっているのが特徴的。

 OSはWindows 10に加えてAndroid 6.0も搭載。また、スライド式の本体を1画面にして縦にすればほとんどスマホのような見た目になります。厚さが1.4~1.8センチと薄いのもポイント。

 「PGS」には性能が高めの上位版「PGS Hardcore」と、価格が安めの「PGS Lite」があり、ディスプレイの大きさやメモリ、ストレージ、重さなどに違いがあります。詳しい内容は公式サイトでも確認できます。

 Kickstarterでは(7月6日現在)売り切れを除くと、「PGS Hardcore」は280ドル(約2万9000円)以上、「PGS Lite」は230ドル(約2万4000円)以上の資金提供で手に入れることができます。そのほか30ドル以上でオリジナルのTシャツが付いてきます。

最終更新:7月6日(水)22時50分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]