ここから本文です

アホマイルド坂本が神奈川県庁の非常勤職員に、週2日程度出勤

お笑いナタリー 7月6日(水)20時9分配信

アホマイルド坂本が神奈川県庁の非常勤職員として、県の動画サイト「かなチャンTV」のアドバイザーに任命された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「特命かながわ発信隊」のメンバーに任命されてから1年あまり、地元・神奈川の広報活動に協力してきたアホマイルド坂本。そのがんばりが認められて県職員の仲間入りを果たした。今後は週2日程度県庁へ出勤して「かなチャンTV」の番組、県のイベント出演、その企画構成など幅広い仕事に臨む。

アホマイルド坂本は昨日7月5日にスーツ姿で初出勤し、知事室長から雇用書と職員の証であるネームプレートを受け取った。初仕事は「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック出場選手激励会」のMC。知事やオリンピック選手などが出席する中、芸人らしく笑いを取りながら会場を盛り上げた。

非常勤職員としてアホマイルド坂本が勤務する様子は、神奈川県住みます芸人の情報サイト「47WEB神奈川」で紹介される。

最終更新:7月6日(水)20時9分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。