ここから本文です

広島 黒田の200勝は本拠地G戦へ「記録より目の前の試合」

デイリースポーツ 7月6日(水)21時21分配信

 「中日4-1広島」(6日、石川県立野球場)

 日米通算200勝に王手を懸けている広島・黒田博樹投手(41)が、6回を投げて7安打3失点(自責2)で、2点のリードを許して降板。節目の偉業は、次戦以降に持ち越しとなった。

 「六回にノーアウト一塁から(平田の)二塁打が結果的に痛かった。試合展開上、六回の2点が結果的に大きかったと思います」

 初回から粘りの投球を続けていたが、同点で迎えた六回のマウンドだ。先頭の亀沢に一塁内野安打を許すと、続く平田に左中間を破る適時二塁打を浴びて、連打で勝ち越し点を献上。さらに送球間に三塁進塁を許すと続くビシエドには、初球のツーシームを中前に運ばれて3点目を失った。

 3連打はいずれも決め球が高めに浮いた結果。二回には2死三塁から、石原の捕逸で先制点を許すなど、不運な形での失点にも泣いた。200勝を目前にした登板には「チームが勝つために投げているので。チームが勝つために投げるというのは、変わらなかった」と淡々と振り返った。

 次回登板は順当なら地元マツダスタジアムで、13日の巨人戦に先発する。球宴前ラスト登板となるが「記録どうこうより目の前の試合に勝つ。チームに勝つチャンスを与えられるように。それは変わらない」とし、次戦に向けて気を引き締めた。

最終更新:7月6日(水)21時23分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]